下肢(主に膝関節)について後遺障害となる場合

下肢の後遺障害

主に骨折、脱臼または神経の損傷に伴い、後遺障害が発症します。

具体的には、以下の症状が残存している場合に、後遺障害等級の検討ができます。

(1)骨癒合が不良(骨のつき方が悪い)

(2)転位、変形治癒(間違った位置で骨癒合をした)

(3)偽関節、仮関節(骨癒合不良による骨折部の関節化)

(4)下肢の短縮

(5)関節の拘縮

下肢の機能障害についての後遺障害等級

等級 障害内容 自賠責保険金額
1級6号

両下肢の用を全廃したもの

全廃とは、

(1)股関節、膝関節及び足趾関節の完全硬直(完全麻痺)

(2)可動域10%以下の制限

(3)足趾の障害があること

3000万円
5級7号 1下肢の用を全廃したもの 1574万円
6級7号 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの 1296万円
8級7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 819万円
10級11号

1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

著しい障害とは、

(1)1/2以下の可動域の制限

(2)動揺関節で労働に支障があること

(3)固定装具を装着を常時必要としないもの

461万円
12級7号

1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

機能に障害を残すものとは、

(1)3/4以下の可動域の制限があること

(2)動揺関節で通常の労働には、固定装具の装着不要

(3)重労働の場合に、固定装具が必要であるもの

224万円

症状固定時期

受傷から6ヶ月経過後

⇒原則的な症状固定時期です。怪我の状態、治療の経過や主治医の判断によっては、6ヶ月を超える場合もあります。

申請に必要な資料

画像

(1)単純XP画像

(2)CTスキャン

(3)関節造影

(4)MRI画像(とても有効な画像所見です)

(5)ストレスXP撮影

⇒前十字靭帯損傷又は後十字靭帯損傷については、等級認定上、必須の画像所見です。

整形外科テスト

(1)ラックマンテスト

(2)引き出し徴候

(3)スロカムテスト

(4)ロッシーテスト

以上が、代表的な膝関節についての整形外科テストです。

関節鏡

半月板損傷の場合には、必要な検査です。

▲このページのトップに戻る