損害項目からみた後遺障害等級のメリット

後遺障害認定のメリット

 下記の一覧でもご確認の通り、後遺障害等級を獲得することによって、損害項目のH後遺障害慰謝料とI後遺障害逸失利益が追加されます。

後遺障害等級の認定を「受けていない」場合 後遺障害等級の認定を「受けている」場合
@治療費 @治療費
A付添看護料 A付添看護料
B入院雑費 B入院雑費
C通院交通費 C通院交通費
Dコルセットなどの費用 Dコルセットなどの費用
E診断書などの費用 E診断書などの費用
F休業損害 F休業損害
G入通院慰謝料 G入通院慰謝料
  H後遺障害慰謝料
  I後遺障害逸失利益

具体的な後遺障害認定のメリット

 後遺障害等級の認定によって、損害項目が多くなれば、請求できる損害額も多くなります。

 一例といたしまして、むち打ち症の被害者の男性(以下、「Yさん」といいます。)で、見てみます。Yさんは、会社員、年収が約500万円の方で、後遺障害等級14級の認定を受けています。

 ■後遺障害慰謝料

 この損害は、ある程度定額化されています。

自賠責保険基準 32万円
任意保険基準 40万円から50万円
地裁基準 110万円

 ここでは、地裁基準110万円を請求します。

 ■後遺障害逸失利益

 まず、この損害を算定する計算式があります。

後遺障害逸失利益

=年収×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

 上記の計算式に、Yさんのケースを当てはめてみます。

500万円×0.05×4.3295

108万2375円

となります。

■後遺障害部分の損害賠償額

損害項目 損害賠償請求額
後遺障害慰謝料 110万円
後遺障害逸失利益 108万2375円
後遺障害部分計 218万2375円

 Yさんは、怪我の治療費に加えて、後遺障害等級の獲得によって、約220万円の請求をすることができます。

 なお、後遺障害部分の約220万円のうち、後遺障害等級14級に対応する自賠責保険金額75万円は、示談前であっても、支払を受けることができます。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼

TEL : 044-455-5193
受付時間 : 9:00〜18:00

事務所名:行政書士事務所インシデント
代表行政書士 : 大沢 祐太郎

▲このページのトップに戻る