当センターのサポートの流れ

サポートの流れ

面談のご予約

●営業日時

午前9時から午後6時(月〜土)

定休日:日曜日・祝日

面談

●初回面談料は、7560円/60分(30分を超えるごとに3240円)となります。

●原則として、ご相談者のお近くにまでお伺いして、ご面談をいたします。

業務計画・お見積りの提示

●ご相談者ごとに案件の流れ及び行政書士報酬は異なりますので、各ご相談者に業務計画をご提示しております。

正式依頼

●業務計画や行政書士報酬に納得いただいた上で、正式なご依頼となります。

●行政書士業務委託契約書へ署名・捺印をお願いいたします。

後遺障害認定・異議申立サポート開始

●ご依頼時の行政書士書面作成費用のお支払い後、サポートを開始いたします。

委任契約書の締結と行政書士書面作成費用の入金確認後にサポート開始となりますので、ご注意ください。)

主治医との面談 行政書士が随時同行いたします(原則)。

●後遺障害診断書の作成のご依頼をします。

●MRI画像の撮影の必要性などをご案内いたします。

●神経学的検査の受診の必要性をご案内いたします。

MRI画像の撮影・取得
撮影する医療機関に同行し、検査技師等へご相談者の症状などご説明し、入念な検査を依頼します。

神経学的検査の実施
検査を実施する医療機関に同行し、医師へご相談者の症状などご説明し、入念な検査を依頼します。

主治医による後遺障害診断書の作成 行政書士がサポートいたします。

●MRI画像と神経学的検査の所見を踏まえた上で、後遺障害診断書の作成を主治医に依頼します。

●実際に等級が認定された後遺障害診断書の記載例などを、主治医に提示し作成していただきます。

自賠責保険の被害者請求書類の作成 行政書士が作成いたします。
支払請求書や事故発生状況報告書の作成をご相談者に代わり作成いたします。

後遺障害等級の認定

後遺障害等級が認定された場合:むち打ち症の場合

14級認定:自賠責保険金額75万円

12級認定:自賠責保険金額224万円

が、示談前であっても、等級認定と同時に支払を受けることができます。

等級に異議がある場合は、「異議申立」を検討します。

行政書士書面作成費用のお支払い

●後遺障害等級の認定を得た場合は、後遺障害等級認定による行政書士書面作成費用のお支払いをしていただきます。

後遺障害等級の認定を受けられなかった場合は、こちらの費用の請求はいたしません。

●原則といたしまして、行政書士のサポートは、等級の認定・確定で終了です。その後は、当センターの協力弁護士のご紹介をいたしますので、ご相談ください。

任意保険会社等との示談交渉・訴訟

●後遺障害等級の有無、軽重が確定した後は、損害賠償額を算定し、交渉となります。

●損害額計算書の作成をいたします。

損害額計算書の作成は、別途料金をいただきます)。

示談成立、訴訟解決
●ご依頼者が、損害賠償額を受領して解決です。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼

TEL : 044-455-5193
受付時間 : 9:00〜18:00

事務所名:行政書士事務所インシデント
代表行政書士 : 大沢 祐太郎

▲このページのトップに戻る