後遺障害等級認定の最低条件

後遺障害認定の最低条件

(1)整形外科へ6カ月以上通院していること 
後遺障害等級認定申請は、事故から6ヶ月以上の治療期間を経過した後に申請することが一般的です。
しかしながら、
(A)頭部外傷後の高次脳機能障害
(B)複合性局所性疼痛症候群(CRPS)
(C)非器質性の精神障害(PTSD)
を主として、医師の診断名やお客様の症状によっては、事故から1年以上又は治療開始から1年以上の治療が必要となることがあります。
(2)治療中4週間以上の中断がないこと

後遺障害等級認定上、整形外科などの医療機関に通院することが重要です。

しかし、お仕事や学業でお忙しい方は、整形外科の診療時間内に受診することが困難な場合もあります。

その場合には、接骨院に併用通院することにより、症状の緩和通院・症状の一貫性を確保することができるため有効です。

ただし、接骨院への通院は、主治医損保会社同意を得ておくことが大切です。

医師によっては、接骨院での治療を認めず、接骨院への通院をするなら、後遺障害診断書は作成しないというケースもあります。

重要なのは、

(1)整形外科などの医療機関に6ヶ月以上通院し、かつ

(2)治療中に4週間以上の通院中断がないこと

です。

つまり、1ヶ月に1回行けば良いという計算になりますが、これでも少ないのが実情です。

弊所で多くお手伝いしております頚椎捻挫・腰椎捻挫については、症状固定時(約6〜7ヶ月)に、実通院日数”約80日〜90日”を目安とご提案しております。 


ただし、お客様のお仕事や学業から加味し、上記のような整形外科への通院が困難な場合は、弊所がより最適な通院方法についてご提案いたしますので、ぜひご相談ください。

また、現在の整形外科に不満がございましたら、弊所の連携医療機関をご紹介することも可能です。

後遺障害等級認定の要件

むち打ち症に限らず、後遺障害等級の認定には、以下の3つの要件をそろえることが重要です。

(1)自覚症状があること

(2)自覚症状を裏付ける画像所見があること

(3)自覚症状を裏付ける神経学的所見があること

画像所見について

 他覚所見のうち、この画像所見の有無が、大変重要になってきます。簡単に申し上げれば、レントゲン画像に骨の異常があるか、ということですが、「むち打ち症」に関しては、レントゲン画像による証明は困難です。

 むち打ち症は、MRI画像で証明するのが、一般的です。

 しかし、ただMRI画像を撮影するのでは、効率的とは言えません。重要なのは、以下の2点です。

(1)MRIの解像度(写りの良さ)

(2)MRIを撮影する部位

です。

MRIの解像度について

 現在のMRIは、「1.5テスラ(解像度が高い)」と「0.5テスラ(解像度低い)」という、2つのレベルの解像度が主流となっています。

 1.5テスラと0.5テスラとでは、「使い捨てカメラ(0.5テスラ)と高級一眼レフ(1.5テスラ)」の差があります。

 このことからも、私は、1.5テスラ以上のMRI撮影設備を備えている、医大系の病院又はメディカルスキャニングなどでの、MRI撮影をご案内しています。

撮影する部位について

 神経には、支配領域というものがありまして、ご相談者に出現している症状から、ある程度、頚椎の損傷部位を推測することができます。

 例えば、「片手の親指人差し指に痺れ・痛みがある」場合は、頚椎C5・C6付近の椎間板の突出、その突出が周辺の神経根を圧迫している可能性がある。

 また、「片手の薬指小指に痺れ・痛みがある」場合は、頚椎C6・C7付近の神経根の異常を推測できます。

 このように、ご相談者の自覚症状から、損傷部位を推測することができ、MRI撮影の際には、私からお医者様に、推測される損傷部位を、入念に検査をしていただけるよう、ご説明いたします。

神経学的所見について

 画像所見が取得できない場合に、有用な所見です。

 MRI画像に異常所見がなくても、この神経学的所見に異常があれば、後遺障害等級14級の認定の可能性は残されています。

 主に、神経の異常やその神経異常に伴う筋力低下などを検査して、神経障害を医学的に説明します。

 具体的に、どのような検査があり、なにを説明できるかを、一覧にまとめましたので、ご参考にしてください。

検査の種類 テストの内容 評価方法
スパーリングテスト

・神経根の障害を調べるテストです。

・患者は腰掛座位の姿勢で受診します。検査者は、患者の後方に位置し、患者の頸椎をやや伸展し、そのあと、斜め後方に側屈し、頭頂部に片手を置き、頸椎を下方に圧迫します。

・神経根に障害があれば、その神経根の支配領域に、放散痛又は痺れ感が生じます。

異常有り=+

異常なし=−

ジャクソンテスト

・神経根の障害を調べるテストです。

・患者は腰掛座位の姿勢で受診します。検査者は、患者の後方に位置し、患者の頸椎をやや伸展位にして、前頭部に両手を置き、頚椎を後方に圧迫します。

・神経根に障害があれば、その神経根の支配領域に、放散痛又は痺れ感が生じます。

異常がある=+

異常がない=−

筋萎縮検査

・筋肉の萎縮の有無及び程度を調べる検査です。

・両腕のひじ関節の上下10cmのところの上腕部と前腕部の周径を計測します。

「cm」で表記します
腱反射テスト

・腱をゴムハンマーで叩き、筋に伸展刺激を与えたときに起こる、筋収縮を検査します。 

・上腕ニ頭筋(C5領域)・腕橈骨筋(C6領域)・上腕三頭筋(C7領域)について調べます。

・脊髄に異常がある場合

「亢進」「軽度亢進」を示します

・神経根に異常がある場合

「低下」「消失」を示します

握力検査

・握力の検査をします。

・左右の握力を検査します。

・頚椎の神経に異常があれば、握力の低下が現れます。

「s」で表示します 
徒手筋力検査

・筋力の低下を検査します。

・必ず両側を検査します。

・神経障害があると、その神経が支配している筋力が低下します。

「5〜0」の数字で表記します

5が正常となります

知覚検査 馬の毛などでできた筆などを利用して、皮膚の感覚の有無・程度を検査します。 「過敏・正常・鈍麻・消失」で評価します
トレムナー反射

中指を伸展させておいて、指先の腹を弾くと、親指が内転します。

陽性の場合は、脊髄損傷が疑われます
ホフマン反射 中指を挟んで指先を掌側に弾くと、親指が内転します。 陽性の場合は、脊髄損傷が疑われます
ワルテルベルク徴候 人差し指、中指、薬指、小指を屈曲させ、検査者と引っ張り合いをさせると、親指が内転します。 陽性の場合は、脊髄損傷が疑われます

 以上が、基本的な神経学的検査です。

 その他、サーモグラフィ検査指尖容積脈波検査針筋電図検査で、神経の支配領域の異常を説明する検査も、有効です。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼

TEL : 044-455-5193
受付時間 : 9:00〜18:00

事務所名:行政書士事務所インシデント
代表行政書士 : 大沢 祐太郎

▲このページのトップに戻る