(1)自賠責保険の請求書類を用意します

被害者請求の流れ

●請求書と併せて、主治医作成の後遺障害診断書やMRI画像など、後遺障害を証明する資料を収集します。

●行政書士に依頼する場合は、委任者(ご相談者)の印鑑証明書が必要になります。

(2)自賠責保険の請求書類の作成

●請求書類を作成します。自賠責保険会社ごとに、提出を求める書類が異なりますので、あらかじめ確認が必要です。

(3)被害者請求書類の送付

●送付先は、加害者自賠責保険会社です。

●自賠責保険会社は、書類の不備がないかを確認した後、自賠責損害調査事務所に送付します。

(4)自賠責損害調査事務所の損害調査

●後遺障害等級は、自賠責損害調査事務所が認定します。

●損害調査とは、自賠責保険会社から送付を受けた書類に基づいて、

ア.事故発生状況

イ.自賠責保険の支払い対象となる事故か否か

ウ.事故と怪我との間に関係性があるか

エ.発生した損害額

などを、調査します。

●請求書類のみでは、事故調査が足りないときは、

ア.事故当事者に問合せ

イ.病院や医療機関への問合せ

ウ.事故現場調査

などの、各調査を行います。

(5)損害調査の報告

●自賠責損害調査事務所が、損害調査の結果を、自賠責保険会社に報告します。

●この調査結果に基づいて、自賠責保険会社が、支払額を決定します。

(6)損害賠償額の支払い

支払額に納得がいかない場合は、

A.損保会社への「異議申し立て」

B.(財)自賠責保険・共済紛争処理機構へ調停申し立て

の2通りの申立方法があります。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼

TEL : 044-455-5193
受付時間 : 9:00〜18:00

事務所名:行政書士事務所インシデント
代表行政書士 : 大沢 祐太郎

▲このページのトップに戻る