交通事故による打撲と症状固定時期

結論からすると,

打撲の場合の症状固定時期は,

自賠責保険上の後遺障害等級申請+認定を目指すのであれば,

 

必ず,6ヶ月+αを経過した後です。

つまり,181日以降が最善です。

 

これは,弊所でメインでお手伝いしている,

頚椎捻挫,

腰椎捻挫,

に関しても同様です。

 

そして,

鎖骨骨折,

肩関節亜脱臼,

肩腱板損傷,

圧迫骨折,

などの”骨折系”についても,

症状固定時期は,

交通事故から6ヶ月以上を経過した後でなければ,

後遺障害等級認定を得るのは,

厳しい闘いになろうかと察します。

 

つまり,

打撲系,

骨折系,

の怪我で,

事故から180日未満での日付で症状固定に至った場合の後遺障害等級認定は,

に難しいのが現状です。

 

しかしながら,上記,お客様にご納得の上で,

後遺障害等級認定向けて,

”やれるところまでやって,良い結果も悪い結果かを確認する,

という意向であれば,僕としてもベストを尽くすことになると考えます。

▲このページのトップに戻る