医療機関のための自賠責保険の傷害部分の請求

交通事故による当事者の怪我の治療をすると,

毎月月締めで,

医療機関から相手損害保険会社に,

・診断書,

・診療報酬明細書,

2点を送って,

医療機関は医療費の支払いをしてもらいます。

 

ただ,相手損害保険会社の対応を得られない場合には,

その治療費の清算が滞ってしまうことがあります。

 

ここで,自賠責保険の傷害部分の120万円の枠が残っている場合には,

弊所は,医療機関の”治療費の焦げ付き分”を回収すべく,

被害者請求を実施することがあります。

 

この請求は,書類に不備がなければ,

原則として回収できる請求制度です。

 

相手損保会社の対応により,治療費が焦げ付いてしまった場合には,

一つの有効な手段ではあります。

 

しかし,僕の方針としては,

書類の不備がなければ,

”書面審査のみ”で自賠責会社から回収できる制度であるが故,

注意が必要な請求制度であることも自覚しています。

 

したがって,僕が,信頼する医療機関で,

なおかつ慎重な聴き取りを行ったうえで,

傷害部分の被害者請求を実施するかを判断しています。

▲このページのトップに戻る