自賠責保険上の後遺障害認定は得なのか?

この点は,交通事故の被害者ごとに感覚や発想が違うように考えます。

 

弊所へのご相談者の中には,

 

・たかがむち打ち症(僕からしたら,されどむち打ち症なのですが・・・)で後遺障害等級を得て,

相手方に賠償請求なんかをしてもよいのか?

 

・後遺障害等級の認定まで受けて,相手方とトラブルにならないか?

 

など,周りの目,近所や世間の目が気になるかたも稀にいらっしゃいます。

 

結論からすると,そのように思うかたは,

悩まず,すぐに示談をすればよいだけです。

 

相手方に損害賠償請求をしていくということは,

ある程度,争いになりますし,

ストレスもかかります。

 

弊所に,”悩みだけ”の相談をするのはご遠慮いただきたいと考えます。

 

弊所は,お客様の悩みに対して,

解決策を提案・実行する事務所です。

 

ただ,いかなるお客様にも,念のため,具体的な後遺障害等級の認定の仕組みとして,

僕からご相談者には,

頚椎捻挫でもしっかり賠償を受け取るべきであること,

から始まり,

 

後遺障害等級の有無による,

最終的な示談金の違いの,具体的なイメージとして,

 

(A)非該当の場合の示談金は100万円

 

(B)14級認定の場合は250万円

 

(C)12級認定の場合は400万円

ぐらいの金額の規模になり得ますよ,イメージだけはお伝えいたします。

 

そこで,ご相談者からは,

”後遺障害等級によって全然金額が違うんですね〜”という声をいただきますが,

 

むち打ち>自賠責保険金請求>後遺障害等級認定>示談金のおおよその規模250万円(14級の場合),

という流れがあり,

むち打ち症でも,それ相当な示談金額に見えてしまうため,

ご近所の目や風評などのトラブルや争いに不安がある方には,

”逆に”余計な不安を煽るようです。

 

いずれにしても,後遺障害等級認定を,

得と考えるか否かはお客様次第です。

▲このページのトップに戻る