交通事故による鎖骨骨折と後遺症

弊所のお客様で経験しているのは,

 

(A)局部に神経症状を残すもの:第14級9号

 

(B)3/4以下の可動域制限による機能障害:12級6号

 

(C)鎖骨部の変形障害:12級5号

 

(D)非該当

の4パターンです。

 

ここで,僕が重要だと思うことは,

鎖骨骨折は,神経症状でも後遺障害等級の評価を受けることができる可能性があるという点です。

 

これは,交通事故賠償問題に関わるかたでも,

勘違いしている部分でもあり,

関節系は,可動域制限がないと後遺障害として評価されることはない,

という思い込みがあります。

 

しかし,僕の方針としては,関節系に限らず,

交通事故による怪我での後遺障害等級認定は,

最低限14級の認定を確保,

良くて12級以上という戦略です。

 

最初の相談から,

”この件は,12級ですね””10級ですね”などと,

高い後遺障害等級認定がほぼ間違いないように案内してくる専門家は,

お客様に期待を持たせすぎでは?と感じます。

▲このページのトップに戻る