交通事故の数ヶ月後に出現した痛み

この場合は,補償の対象から外されてしまう可能性が高いと考えます。

 

原則として,

交通事故直後に搬送などされた病院での診断部位が,

本件事故と因果関係がある怪我です。

 

したがって,数ヶ月後に出現した痛みの部位については,

補償の対象外となり,

交通事故とは切り離して治療をすることになろうかと考えます。

 

この流れですと,

後遺障害等級の審査についても,

交通事故から数ヶ月後に出現した部位・症状については,

後遺障害等級の審査の対象からも外れることになります。

 

交通事故によるショック状態や興奮状態などで,

事故直後は,症状を感じにくいこともあります。

 

そして,事故から時間が経過し,

落ち着いてくると感じ始める症状もあります。

 

事故直後にはなかったが,感じ始めた症状,医師に伝えきれなかった症状については,

できるだけ早く,遠慮せずに,医師に伝えるべきかと考えます。

 

ただ,交通事故は何度もあることではないので,

医師への症状の伝え方を熟知しているかたは,ほぼいないとも思います。

この点は,僕も理解しているつもりです。

 

事故当初の診断名に,

新たな診断名を追加して,

相手損保会社の補償の認定をいただくためには,

速やかに,主治医先生に症状を伝えるべきでしょう。

▲このページのトップに戻る