交通事故による頚椎捻挫を受傷し,後遺障害非該当の回答に対する異議申し立ての必要性

僕の意見では,

 

第一に異議申し立てを検討すべきと考えます。

 

理由としては,

弊所のお客様で異議申立による変更認定のケースをみると,

 

(1)頚椎捻挫で非該当から第12級13号への変更認定があること

 

(2)腱板断裂の怪我についても,非該当から第10級10号への変更認定があること


(3)頚椎捻挫・腰椎捻挫で,最初の症状固定日からの弊所受任までのあいだに,通院の空白があるケースでも,

非該当から14級または12級への変更認定があること

が主な理由です。

 

僕の方針として,

まずは,原則的な対応をすることを目標としていますので,

異議申立希望のお客様には,

電話相談・お打ち合わせ時に,

”症状固定後の通院の有無”を確認します。

 

それは,異議申立により,

非該当から14級・12級などの上位等級への変更認定を得られるケースは,

症状固定後の通院がある場合に,多いというのは,

間違いないように考えます。

 

つまり,上述(3)のケースは,希少なケースであると思います。

 

しかしながら,希少ケースであるとはいえ,

非該当から上位等級への変更認定への可能性があることも事実です。

 

僕は異議申立をすべきと考えており,

非該当から上位等級,

14級から上位等級への変更認定のお客様のケースをみていますが,

当然,異議申立申請をしても”現状維持”の回答もあります。

 

したがって,異議申立申請を検討する際には,

(1)症状固定後の治療費・精密検査費用,行政書士報酬などの経済的リスク

 

(2)仕事や学業の他に,通院時間などをスケジュールに組みこめるかという時間的リスク

 

(3)お客様や主治医先生などに尽力いただいても,お客様の希望の後遺障害等級の認定を得られないこともあるというリスク

 

を,考慮・覚悟をしていただいた上で,決めていかなければなりません。

▲このページのトップに戻る