交通事故による肩腱板損傷と自賠責保険上の後遺症慰謝料

弊所のお客様のケースでは,

 

”一上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの”として,

自賠責保険上の後遺障害等級第10級10号の認定を得たケースがあります。

 

自賠責保険上の後遺障害等級が認定されると,

まずは,自賠責保険から461万円の支払いを受けることができます。

 

その後の弁護士などの示談交渉時には,

後遺障害等級が認定されたことにより,

(A)後遺障害慰謝料

(B)後遺障害逸失利益

の賠償項目が追加されます。

 

第10級の場合の後遺障害慰謝料は,

赤本基準(弁護士基準・裁判基準などとも言われます)で定額で設定されており,

”550万円”とのことです。

 

ちなみに任意保険基準は200万円のようです。

 

この差額350万円を,

弁護士と相手損保会社(又は相手損保顧問弁護士)とが交渉をしていくのだと考えます。

 

示談交渉,訴訟に関しては,

僕が信頼している弁護士さんにお願いしておりますので,

あまり立ち入ったことを記述すべきではありませんが,

質問をいただきましたので,

ブログを通じて回答します。

▲このページのトップに戻る