交通事故による肩部痛について、後遺障害等級第14級9号を勝ち取りました。

性別 男性(40代)
事故日 平成○○年10月
事故態様 バイクで直進をしていたところ、対向右折自動車に衝突された。
診断名 右肩関節部打撲、右肩腱板損傷など
症状 右肩の痛み、右肩の可動域制限など
通院先 (1)S病院
(2)A病院
(3)N整形外科
(4)Aリハ病院
(5)S整形外科
治療期間・実通院日数 約2年2ヶ月間
弊所への依頼時期 本件事故から約1年9ヶ月後
争点

 

(1)右肩関節の症状を裏付ける医学的所見を得られるか?

(2)症状固定後の症状・通院の連続性、一貫性を証明できるか?

(3)異議申し立てにより後遺障害等級の変更認定を勝ち取れるか?

解決のポイント

(1)本件事故のお客様は、後遺障害等級の「非該当」の結果通知に納得がいかず、弊所のホームページをご覧になり、ご相談・ご依頼をいただきました。

 

(2)お電話での問い合わせの中で、弁護士費用等特約がついているため、弊所でお世話になっている弁護士さんとの共同受任の方針を採用しました。

また、信頼できる医療機関での通院をしていなかったため、弊所でお世話になっている整形外科をご紹介し、転医していただきました。

この転医により、MRI画像の再評価ができ、右肩関節の症状を裏付ける医学的所見の取得につながりました。

 

(3)そして弊所でお世話になっている整形外科へ転院後、約3ヶ月間の通院加療を継続していただきました。

後遺障害等級の認定には、症状固定に至るまでに、治療により治す努力をアピールすることも重要です。したがって、弊所では、転医の際は、いかなるお客様にも約3ヶ月〜6ヶ月の通院をしていただきます。

 

(4)その後、お客様には、約3ヶ月の通院にご協力いただき、その間、弊所は、これまで通院した医療機関すべてに診断書の作成をお願いし、症状固定後の症状・通院の連続性、一貫性を証明しました。本件のお客様は、自主的に症状固定後も通院を継続していたため、異議申立の際の大きな武器でした。


(5)そして、主治医先生に後遺障害診断書の作成をしていただきました。本件の後遺障害等級申請の方針は、

(一)MRI画像所見

(二)神経学的所見

の2点を、主治医先生に、医学的かつ他覚的に丁寧に証明していただきました。

 

 

結論

異議申立申請から約5ヶ月後、右肩部痛の症状が後遺障害等級に該当し、第14級9号の認定を勝ち取りました。

本件の後遺障害等級変更認定の要因としては、

(1)適切な医療機関のご紹介・主治医先生に温かい対応をしていただけたこと

(2)本件事故により通院した医療機関すべてに要請をし、診断書による通院の継続による連続性・一貫性の証明ができたこと

(3)右肩部痛の症状の連続性・一貫性の証明ができたこと

この3点かと考えます。


補足を申し上げると、

(1)交通事故業務に関しては、お客様がお住まいの地域の行政書士・弁護士に依頼すべきかと考えます。

(2)まずは、原則に沿った対応に集中すべきで、とにかく、”ベタな”対応が大事かと考えます。

 


【異議申し立ての後遺障害等級通知書】

2017-02-27.png

▲このページのトップに戻る