当センターの特長

特長1

特長1交通事故による頚椎捻挫等の後遺障害等級認定申請をサポートをいたします。

弊所は、交通事故専門の行政書士事務所として、
(A)交通事故直後の方
(B)治療を3ヶ月以上継続しているが症状が改善しない方

(C)交通事故の患者を好意的に受け入れてくれる整形外科をお探しの方
(D)症状固定時期で、後遺障害等級の申請を検討中の方
(E)現在、後遺障害等級「非該当」で、異議申し立てを検討中の方
など、後遺障害等級の申請に関するご相談・ご依頼はお任せください。

お電話(044-455-5193)又はメールによるお問い合わせは、こちらです。

ご面談やご依頼の予定がある方の電話又はメールのご相談をお願いいたします

特長2

特長2神奈川県・東京都を中心として、整形外科との医療連携を構築しています。

交通事故による怪我の治療先選びは、とても重要です。

弊所では、

(1)交通事故治療に強くかつ

(2)後遺障害診断書の作成も協力的にサポートしていただける整形外科と連携しています。

神奈川県・東京都中心)。

このように、交通事故対応に強い整形外科を紹介できるのが、行政書士事務所インシデントの最大の強みです。

ただし、整形外科等のご紹介は、原則として、弊所との委任契約成立後となります

特長3

特長3頚椎捻挫・腰椎捻挫をはじめ、後遺障害等級認定実績が多数ございます。

行政書士事務所インシデントは、

(1)初回面談時の丁寧な交通事故についての聴取、解決までの全体の流れのご説明、からはじまり、

(2)お客様にとって、事件解決までの最適な方法のご提案、

(3)必要時には整形外科等の医療機関のご紹介、

(4)代表大沢の丁寧で粘り強い主治医面談によって、

主に、頚椎捻挫又は腰椎捻挫について、後遺障害等級の認定実績が多数ございます。

⇒頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺障害等級認定実例

⇒高次脳機能障害の後遺障害等級認定実例

肩関節の後遺障害等級認定事例

手関節の後遺障害等級認定事例

 

また、神奈川県及び東京都を中心に、医師との連携を構築しているため、異議申立案件についても、安心してご依頼いただけます。

交通事故の被害者の皆さまへ

部位別後遺障害等級

  • 高次脳機能障害
    高次脳機能障害
    • 後遺障害となる場合
    • 該当する後遺障害等級
    • 症状固定時期
    • 申請に必要な資料
    • 等級認定実例
  • 上肢(肩関節)
    上肢(肩関節)
    • 後遺障害となる場合
    • 該当する後遺障害等級
    • 症状固定時期
    • 申請に必要な資料
    • 等級認定実例
  • 下肢(膝関節)
    下肢(膝関節)
    • 後遺障害となる場合
    • 該当する後遺障害等級
    • 症状固定時期
    • 申請に必要な資料
    • 等級認定実例

当センターの最新の後遺障害等級認定実例

性別 女性(10代)
事故日 平成○○年10月
事故態様 横断歩行内を歩行中、左方から自動車に衝突された。
診断名 右足関節外果骨折など
症状 右足関節の痛み、痛みによる可動域制限、右足の筋力低下など
通院先 (1)S総合病院
治療期間・実通院日数 約1年7ヶ月間
弊所への相談時期 本件事故から約1ヶ月後
争点

 

(1)主治医先生の協力を得られるか?

(2)症状固定のタイミングはいつに設定するか?

(3)お客様の後遺障害等級を勝ち取れるか?

解決のポイント

本件は、弊所が以前お手伝いさせていただいたお客様からのご紹介案件でした。

本件は、右足首の”くるぶし”の骨折でして、事故後すぐに手術を行ったケースで、初めての打ち合わせの時点では、松葉杖は必須で、歩行にもかなりの支障を来していました。

 

そして、お客様が未成年者であったため、学業と治療面、賠償面の同時並行に苦心した案件でもありましたが、お客様の根気ある対応に救われたケースでした。

 

 

本件のご相談・お打ち合わせは、事故から約1ヶ月後に、ご相談及びご依頼をいただいたケースでした。

その時のご質問の内容は、

(1)相手損保会社さんとの対応や今後の流れ

(2)治療と手術の時期

(3)通院の方法から症状固定のタイミング

(4)後遺障害等級という制度の存在について

という、4点のご質問が主な内容でした。

 

そのため初回面談の時には、

(1)本件事故状況から弁護士との共同受任の必要性

(2)主治医先生への症状の伝え方

(3)主治医先生との関係性の重要性

(4)後遺障害等級の有無による損害賠償金額の違い

(5)今後の対策や流れ

を丁寧にご案内し、お客様にも交通事故賠償の全体的な流れを把握していただき、かつ安心していただき、受任に至りました。

 

受任後、弊所からお客様には、

(1)医師面談の調整

(2)通院の指導と手術時期の調整

(3)MRI撮影の必要性

をご案内しました。


お客様のお怪我の大きさから、本件のスタートは、適切な治療費の補償請求のサポートでした。

本件は、骨盤骨からの移植手術を行うようなお怪我であったため、まずは、お客様の負担を最小限にした治療費補償を行うべきと考え、弁護士さんとの共同受任を提案し、この提案が功を奏しました。


上記のように、本件のお客様は、

(1)事故時の固定手術

(2)偽関節を改善するための手術

(3)固定装具(針金)除去のための手術

と3回の手術を行ったため、医師面談のタイミング、症状固定や後遺障害診断書作成依頼については、慎重に行わなければなりませんでした。


したがって、手術が、ある程度完了し、リハビリを開始したタイミングで、最初の医師面談を実施しました。一番初めの医師面談の内容は、

(1)ご挨拶、から始まり、

(2)事故直後から現在までの画像所見から見た回復状況

(3)最終手術(固定装具除去手術)の時期

と、後遺障害に関しては触れずに、挨拶程度の医師面談を実施しました。


その後は、お客様に、ご家族の協力を得ながら、通院を継続していただき、弊所も定期的に状況をお聞きしながら、症状固定まで粛々と進めていきました。

そして、時期や節目を見て、主治医先生との信頼関係構築に向けて、医師面談を実施しました。

本件は、特に大きな用事がなくとも、主治医先生に”顔を見せる”という作業に集中していたように思います。


また、治療費に関する打ち切りの話が出なかったのは、共同でサポートを開始した弁護士さんの尽力の賜物です。


そして、最終段階の固定装具除去の手術後、最終的なリハビリを実施していただき、最終手術から約5か月後に症状固定のご判断をいただきました。


後遺障害診断書には、

(1)事故時、手術時、症状固定時のレントゲン画像所見

(2)症状固定時のMRI画像所見から軟部組織(靱帯など)の損傷を示唆する所見

(3)可動域検査所見

の3点の所見をいただきました。

症状固定時に、かなり回復していたのは、お客様の回復力だけでなく、主治医先生、リハビリの先生のご協力のおかげかと思います。

 

そして、主治医先生作成の後遺障害診断書を基に、被害者請求実施しました。

請求から約1ヶ月後、右足関節部について第14級9号という認定を勝ち取りました。

 

お客様の回復状況からみて、この結果が妥当だと感じ、お客様にも納得いただきましたので、弊所としても安心いたしました。

後遺障害等級認定までの約1年7ヶ月の長期戦を戦い抜いたお客様には、弊所としても感謝ですし、お客様を支えたご家族にもあわせて感謝です。

 

本件で学んだこと

(1)事故状況、相手方損保会社などの事案を総合的に精査し、弁護士との共同受任が必要であれば早期に実行すること


(2)大きな総合病院、大学病院の医師との医師面談は慎重を期すこと

 


(3)後遺障害診断書の内容に納得がいかなければ、修正依頼を行うこと

⇒医師の文字に不明瞭な箇所があれば、しっかりと確認し、お客様に説明できるレベルに自分が常にあること

お問合せ・ご相談はこちら

交通事故、自賠責保険、後遺障害等級など、わからない点やご相談などございましたら、お電話又はお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 費用はどのくらいかかりますか?
  • むち打ち症しかサポートしてくれませんか?
  • このケースで後遺障害が認定されますか?
  • 異議申し立てもサポートしていただけますか?

このようなお悩み相談でも結構です。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼

TEL : 044-455-5193
受付時間 : 9:00〜18:00

事務所名:行政書士事務所インシデント
代表行政書士 : 大沢 祐太郎

お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る