当センターの特長

特長1

特長1交通事故による頚椎捻挫等の後遺障害等級認定申請をサポートをいたします。

弊所は、交通事故専門の行政書士事務所として、
(A)交通事故直後の方
(B)治療を3ヶ月以上継続しているが症状が改善しない方

(C)交通事故の患者を好意的に受け入れてくれる整形外科をお探しの方
(D)症状固定時期で、後遺障害等級の申請を検討中の方
(E)現在、後遺障害等級「非該当」で、異議申し立てを検討中の方
など、後遺障害等級の申請に関するご相談・ご依頼はお任せください。

お電話(044-455-5193)又はメールによるお問い合わせは、こちらです。

ご面談やご依頼の予定がある方の電話又はメールのご相談をお願いいたします

特長2

特長2神奈川県・東京都を中心として、整形外科との医療連携を構築しています。

交通事故による怪我の治療先選びは、とても重要です。

弊所では、

(1)交通事故治療に強くかつ

(2)後遺障害診断書の作成も協力的にサポートしていただける整形外科と連携しています。

神奈川県・東京都中心)。

このように、交通事故対応に強い整形外科を紹介できるのが、行政書士事務所インシデントの最大の強みです。

ただし、整形外科等のご紹介は、原則として、弊所との委任契約成立後となります

特長3

特長3頚椎捻挫・腰椎捻挫をはじめ、後遺障害等級認定実績が多数ございます。

行政書士事務所インシデントは、

(1)初回面談時の丁寧な交通事故についての聴取、解決までの全体の流れのご説明、からはじまり、

(2)お客様にとって、事件解決までの最適な方法のご提案、

(3)必要時には整形外科等の医療機関のご紹介、

(4)代表大沢の丁寧で粘り強い主治医面談によって、

主に、頚椎捻挫又は腰椎捻挫について、後遺障害等級の認定実績が多数ございます。

⇒頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺障害等級認定実例

⇒高次脳機能障害の後遺障害等級認定実例

肩関節の後遺障害等級認定事例

手関節の後遺障害等級認定事例

 

また、神奈川県及び東京都を中心に、医師との連携を構築しているため、異議申立案件についても、安心してご依頼いただけます。

交通事故の被害者の皆さまへ

部位別後遺障害等級

  • 高次脳機能障害
    高次脳機能障害
    • 後遺障害となる場合
    • 該当する後遺障害等級
    • 症状固定時期
    • 申請に必要な資料
    • 等級認定実例
  • 上肢(肩関節)
    上肢(肩関節)
    • 後遺障害となる場合
    • 該当する後遺障害等級
    • 症状固定時期
    • 申請に必要な資料
    • 等級認定実例
  • 下肢(膝関節)
    下肢(膝関節)
    • 後遺障害となる場合
    • 該当する後遺障害等級
    • 症状固定時期
    • 申請に必要な資料
    • 等級認定実例

当センターの最新の後遺障害等級認定実例

性別 男性(40代)
事故日 平成○○年12月
事故態様 交差点内で佇立(進行方向に向いて立っていた)ところ後方から自動車に追衝突された。
診断名 頚椎捻挫・腰椎捻挫
症状 頚部〜肩部にかけてのの痛み、右上肢の痺れ
腰部痛、腰部から臀部にかけてのハリ
通院先 (1)K整形外科
(2)Fクリニック
(3)O整骨院
治療期間・実通院日数 約6ヶ月 整形外科+整骨院の合計約160日
弊所への相談時期 本件事故から約6ヶ月後
争点

 

(1)主治医先生の協力を得られるか?

(2)自覚症状を裏付ける画像所見など医学的所見が得られるか?

(3)お客様の後遺障害等級を勝ち取れるか?

解決のポイント

本件は、弊所がお世話になっている弁護士先生からのご紹介案件でした。

交通事故から約6ヶ月後に、ご相談及びご依頼をいただいたケースでした。

 

本件の当初のご相談内容は、

(1)本件事故と症状との関係性について医師に受け入れられず医師との関係が不調和になり転医した旨

(2)治療費打ち切りや休業損害等の補償面の不安

(3)後遺障害等級認定の可否に関する不安

という、3点のご相談が主な内容でした。

 

そのため初回面談の時には、

(1)本件事故時の状況

(2)本件事故から現在までの症状の推移

(3)相手損保会社・相手弁護士さんとの関係性

(4)今後の対策や流れ

を丁寧にご案内し、お客様にも交通事故賠償の全体的な流れを把握していただき、かつ安心していただき、受任に至りました。

 

受任後、弊所からお客様には、

(1)早急な医師面談による後遺障害診断の調整

(2)治療費打ち切り後の対策としての「第三者行為届出」について

(3)MRI撮影医療機関の調整の必要性

をご案内しました。


そして、さっそく、医師面談を実施しましたが、上肢・下肢に痺れなどの神経症状があるにも関わらず、

MRI撮影の必要はない

旨の回答をいただき、画像所見がないまま後遺障害診断書作成に手続きを移行せざるを得ませんでした。


しかしながら、お客様とも相談し、”現在の身体の状態を確認する”という理由で、MRI撮影する医療機関をご紹介していただき、”後遺障害診断とは別に”という方針でMRI撮影の紹介状をいただきました。

 

MRI所見の結果は、

(1)頚椎についてはC5/6の椎間板膨隆と脊髄変形

(2)L4/5/S1の椎間板ヘルニア

所見を得ており、実際にMRI撮影をしてみると上記のような所見を得られました。

 

その後、主治医先生に後遺障害診断書を作成していただき、その内容は、

(1)自覚症状

(2)動作時の首と腰の痛み、神経症状の部位

の2点の”状況証拠的な医学的所見”の記載にとどまり、

画像所見と神経障害テストの所見を得られない後遺障害診断書でありました。

 

しかしながら、弊所としては、上記のMRI画像と画像報告書を添付し、被害者請求を行う旨を、お客様と約束し、最終的な書類作成を行い、被害者請求を実施しました。

 

そして、被害者請求から1ヶ月後、頚椎部14級9号及び腰椎部14級9号で、後遺障害等級併合14級という認定を勝ち取りました。

 

主治医先生の協力が乏しく、そして、症状を裏付ける画像所見・神経学的所見が少ない中、後遺障害等級の認定が得られて本当に良かったと思いますし、また一つ大きな経験となりました。

本件で学んだこと

(1)XP・MRI所見や神経学的所見がなくても、後遺障害等級の認定はあり得ること

⇒ただし、少数例であると思います。

(2)主治医先生の協力が乏しくても、その中で最大限、主治医先生の協力を得る調整を行うこと

(3)症状固定間近のケースでも慌てず、丁寧にお客様の対応をすること

お問合せ・ご相談はこちら

交通事故、自賠責保険、後遺障害等級など、わからない点やご相談などございましたら、お電話又はお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 費用はどのくらいかかりますか?
  • むち打ち症しかサポートしてくれませんか?
  • このケースで後遺障害が認定されますか?
  • 異議申し立てもサポートしていただけますか?

このようなお悩み相談でも結構です。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼

TEL : 044-455-5193
受付時間 : 9:00〜18:00

事務所名:行政書士事務所インシデント
代表行政書士 : 大沢 祐太郎

お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る